糖尿病の人にとって、食事療法とともに大切なのが運動ですが、入浴はカロリーを消費することから、運動と同じような効果があります。さらに血行をよくし、膵臓からのインシュリン分泌を促します。また糖尿病には倦怠感がつきもので、体がだるく気分が晴れないという状況になります。こんなとき入浴により心身ともにリフレシュできます。 42度くらいの少し熱めの湯に入り、あまり長湯はしないほうがいいです。 ただし、糖尿病が進行して、合併症として血管の病気のある人は医師の指示に従った入浴法をしてください。

ホームヘ